ECにゅーす Vol.18

公開日:2012年02月13日

ダイヤモンド工具を用いての施工のことならお任せください!

国土交通大臣許可(般-21)第20719
にゅ~~す 2012.1 vol.18
http://www.ec-selvice.com

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
昨年は東日本大震災をはじめ、日本列島は甚大な被害に見舞われました。私共専門工事業者として、今後の復旧・復興に力を注いでいく所存です。
全国を駆け巡る有資格者のカッター軍団として頑張ります。より一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

(株)イーシーセルビス 代表取締役 笠原 延元
社 員 一 同

 お伊勢参り念願の伊勢神宮に、家族とともに参拝した。ご鎮座以来悠久2000年、皇室・国家の繁栄と国民の幸せを祈って年間延べ千数百回に及ぶお祭りが繰り返されている。太陽を神格化した天照大御神を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮が存在し一般に、皇大神宮を内宮(ないくう)、豊受大神宮を外宮(げくう)と呼ぶ。伊勢商工会議所が主催・運営する「お伊勢さん観光案内人」を申し込んで、1日目は外宮さん、2日目は内宮さんとお参りに徹してみた。

 「お伊勢さんには、おみくじもこま犬もないんですよ。お参りすることが「大吉」なんです。」と、案内人。20年に一度の式年遷宮は、敷地を改め、古例のままに御社殿や神宝をはじめ、一切を一新して大御神が新殿へお遷りになる儀式。常若の精神(全てを清らかにあらためることにより、国も人も共に若返る・・・。)は、胸に響き、私もそうありたいと心に刻んだ。次の式年遷宮は平成25年です。

 伊勢にまつわる物語「二ツ池の龍(龍神伝説)」
 by 龍池山松尾観音寺
本堂裏にある「二ツ池(龍池)」と呼ばれる2つの池には、昔から東の池には雄龍、西の池には雌龍がそれぞれ住んでおり、観音様をお守りになっていると言われています。今から約600年前の応永10年5月、本堂が火災に遭った際、池からの尊い二体の龍神様がお姿を現されました。雄龍は燃え盛る炎を飲み込みながら舞い降り、観音様を自ら体で幾重にも巻き付け、また、雌龍は何度も池の水を炎に吹きかけ観音様を火災からお守りになったという伝説があり、「災難除け」「縁結び」「子授け」「安産」の御利益があると言われています。

伊勢神宮五十鈴川に掛かる宇治橋と鳥居↑

広島本社 (082)842-7730 ・ 福山営業所(084)943-0808
岡山営業所(086)523-5477 ・ 山口営業所(0827)23-3522